2021年度会長方針

豊川ビジョンリサーチ
会長 大島嗣雄

 

ウイズコロナからポストコロナへ

昨年のコロナショックからあらゆる感染症対策を講じてきましたが、今だにその収束に至っておりません。コロナ禍ですべての業種が影響を受け、日々の営業をコロナ対策に追われてきました。その間、早いうちにいつかきっと、いや1年もしたら元通りになると心の中で期待をして、今は我慢の時と自分に言い聞かせてきました。しかし、この間社会は新しい社会生活の在り方について考え、今の状態を前提に社会のルール、日常生活、企業活動などあらゆる分野で変容しなければならないとも気づき始めました。

昨年は準備協議会から念願の「東三河ドローン・リバー構想推進協議会」が設立されました。コロナ禍で設立総会以後なかなか具体的な活動ができない状態が続いていますが、再開しましたら積極的にかかわりましょう。社会はAIやIOT、ICTなどデジタル技術の活用を前提にデジタルトランスフォーメーション(DX)を求めています。ドローンも社会を変容させる大きな手段です。
私たちも今までの当たり前という幻想に捉われず、新しい社会ルールの中で企業活動、「まちづくり」を考える緒に就く年にしましょう。

昨年は創立50周年にあたり、記念総会を予定しておりましたが、現下にける状況を鑑み本年に延期しました。役員も2020年度が引き続き担当しますのでよろしくお願いします。

最後に、コロナ禍で懸命に従事されている医療関係者の皆様に感謝申し上げるとともに、穏やかな日常が一刻も早く戻ることを願ってご挨拶とします。