2019年度代表幹事方針

豊川ビジョンリサーチ
代表幹事 伊藤健敏

 

   2020年度に創立50年を迎える豊川ビジョンリサーチの活動目的の一つは、「宝飯豊川地区の発展と活性化の為に地域・経済・文化芸術スポーツ・行政と幅広い分野をテーマとして取り上げ、研究し提言すること。」です。
  1970年(昭和45年)の設立趣意書にも「我々の郷土をより幸せに、より住み良い調和のとれた拡大発展をする地域」にするために、「やがては考えなければならない問題をできるだけ早い時期に予測し、研究を重ね、変化に対応していかなければならい。」とも掲げられていることから、2020年の大きな通過点を翌年に控えた今年度は、“やがては考えなければならない問題”に取りかかる一年にしていきたいと考えています。
 今年度は会長方針にもあるように、創立50周年を迎えられることとこれまでまで活動してきた諸先輩方に感謝の念を抱きつつ、次の50年に向かって50周年だからこそ言える大きな夢をみんなでつくるために、3つのグループで地域の現状・計画に関する勉強会を通じて、今後の課題を各方面と連携して政策提言に繋げていきたいと考えています。
  一年どのような結果になるのか!?
  私は、運が良い事と周りに恵まれて困り事が長引かない事がとりえです。皆様のご理解とご支援をいただき、2020年東京オリンピック向かい盛り上がる機運と同様に、ひとつひとつのテーマをTVR伝統の自由闊達な雰囲気で盛り上げ創立50周年に向かって進めてまいりたいと考えています。

 一年間皆様方のご指導並びにご鞭撻の程宜しくお願い申し上げます。