2017年度代表幹事方針

豊川ビジョンリサーチ
代表幹事 松林 秀佳

 私は、出張などで他の地域で過ごし、暫くしてから豊川に帰ってきたときに「このまちはなんて素晴らしいまちだろう」といつも思います。懐かしい風景が視界に入ってくるに連れ、この温暖で豊かなすがすがしい地域で過ごしていることの幸せの実感が深まってきます。

 さて、豊川ビジョンリサーチは今年で創立48年目を迎えます。設立当初から考えるとこの地域も大きく変わりました。それに伴い、この地域の抱える問題も年々変わってきました。

 しかし、豊川ビジョンリサーチの目指すところは、より住み良い地域であり続けることを願い活動することであります。これは、設立当初から変わらずに受け継がれてきた伝統であると思います。

 本年度のビジョンリサーチも、この伝統を継承して、現在問題となっている課題に対して、対応した策を考えるだけでなく、今後問題となるであろう課題を予測し、研究し、対応し、情報発信し、提言していきます。そのためにもメンバー同士はより団結して結束力を高めたいと思います。

 我々は、企業や行政のしがらみを乗り越え、大いに語り合い、大いに楽しみながら、自由闊達にして愉快なる活動をしてまいりましょう。